1. 中古レコード
  2. 女性ボーカル
  3. アニタ・オディ
  4. ANITA O’DAY WAITER, MAKE MINE BLUES

ANITA O’DAY WAITER, MAKE MINE BLUES

album information and (disc / cover) conditions
タイトル ANITA O'DAY WAITER, MAKE MINE BLUES
盤質・ジャケット質 D=〇 C=〇●
コメント
 
mono / stereo stereo
レーベル VERVE Japanese Pressing
管理コード 10895
モニターにより実際の色と違う場合があります。

ANITA O’DAY WAITER, MAKE MINE BLUES

売価:2,800

在庫数:
1
商品コード:
10985


【アルバム説明】
ヴァーブ期のアニタ・オデイは1952年~1963年の11年間で16枚のアルバムを残しており、比較的後期の1960年の録音でヴァーブでの11作目のアルバムである。全盛期の時期だけにアニタのボーカルの様々な局面にスポットを当てた内容で今回はブルジーなムードによるアニタの歌唱が、幅広い領域に優れた伴奏スコアを提供してきたラス・ガルシアのアレンジとオーケストラとのコラボレイション。THAT OLD FEELING,ENGEL EYES, THE THRILL IS GONE,YESTERDAYS,WHEN SUNNYN GET BLUE, MAD ABOUT THE BOY,GOOD BY他全12曲、アニタのボーカルに浸れる一枚。