1. 中古レコード
  2. 楽器別
  3. その他
  4. THE RAY DRAPER UNITET FEATURING JOHN COLTRANE (OJC盤)

THE RAY DRAPER UNITET FEATURING JOHN COLTRANE (OJC盤)

album information and (disc / cover) conditions
タイトル THE RAY DRAPER UINTET FEATURING JOHN COLTRANE
盤質・ジャケット質 D=〇 C=〇●
コメント
 
mono / stereo mono
レーベル NEW JAZZ(OJC) Us Pressing
管理コード 41062
モニターにより実際の色と違う場合があります。

THE RAY DRAPER UNITET FEATURING JOHN COLTRANE (OJC盤)

売価:1,800

在庫数:
1
商品コード:
41062


【アルバム説明】
ジャッキー・マクリーンの "JACKE McLEAN & CO"でレコーディング・デビューしたレイ・ドレイパーは、ほぼ同時期に同メンバーで初リーダー作"TUBA SOUND"を録音、セカンド・アルバムの本作はジョン・コルトレーンとの共演。リズムセクションはギル・ゴギンズ~スパンキー・デブレスト~ラリー・リッチ。金管楽器の中でもっとも低い音が出るチューバに依る緩やかに音を広げていくドレイパーのソロとコルトレーンの硬質なテナーサウンドの対比の妙が聴きどころであり、新進テナーマンとしてのコルトレーンの魅力が浮き彫りにされる。