1. 中古レコード
  2. 楽器別
  3. サックスABC
  4. LAMENT FOR BOOKER ERVIN

LAMENT FOR BOOKER ERVIN

album information and (disc / cover) conditions
タイトル LAMENT FOR BOOKER ERVIN
盤質・ジャケット質 D=〇 C=〇●
コメント  
 
mono / stereo mono
レーベル ENJA Japanese Pressing 
管理コード 40927
モニターにより実際の色と違う場合があります。

LAMENT FOR BOOKER ERVIN

売価:2,200

在庫数:
大変申し訳ございませんが、完売いたしました。
商品コード:
40927


【アルバム説明】
60年代中期はジャズが活路を見出すべく、大きくヨーロッパにシフトした時期だった。65年10月29日ベルリン・ジャズ祭の録音である本作は、当日二部の"テナー・ワークショップ"での録音である。大御所ベン・ウエブスターは酒浸り、ソニー・ロリンズは無作法が不評をかこっていた。そうした中でブッカー・アービンのプレイが凄まじい。ドリュー~ペデルセン~ドウソンのリズムセクションをバックに、27分41秒リズムセクションの面々にソロ・スペイスを与えず、停滞したワークショップのムードを払拭する様なブッカー・アービンのプレイは、爽快感すら感じさせる。過っての同僚ホーレス・パーランのメッセージとソロ・ピアノのプレイも ブッカー・アービンのトリビュート・アルバムとして花を添えている。