1. 中古レコード
  2. 楽器別
  3. ギター
  4. TALKIN’ ABUT GRANT GREEN (45回転盤)

TALKIN’ ABUT GRANT GREEN (45回転盤)

album information and (disc / cover) conditions
タイトル TALKIN'ABOUT GRANT GREEN
盤質・ジャケット質 NEW
コメント 45回転盤 200g 二枚組  
  ジャケット撮影のため開封 
mono / stereo stereo
レーベル BLUE NOTE(EMI) Us Pressing 
管理コード 40668 
モニターにより実際の色と違う場合があります。

TALKIN’ ABUT GRANT GREEN (45回転盤)

売価:7,200

在庫数:
1
商品コード:
40668


【アルバム説明】
アナログプロダクションが高音質盤の先鞭をつけたが、45回転盤が登場するに及んで、オーディオ・ファンへ強力なインパクトを与えた。その波及はブルーノートの45回転盤への指向となって本作の登場になったと思われる。グリーン~ヤング~エルビンによるグラント・グリーン・トリオは今までのオルガンを加えたトリオがソウルやブルースを基調にしていたが、オルガンの”コルトレーン”の異名をとるラリー・ヤングとエルビン・ジョーンズが共演する事によって、表題曲をはじめとして今までにないアグレッシイブなサウンドを生み出しており代表作の一枚と言っても良いアルバム。尚、このトリオは並行してブルーノートのポップ路線にもその領域を拡げハンク・モブレーを迎えての"I WANT TO HOLD YOUR HAND",ボビー・ハッチャーソンを擁した"STREET OF DREAMS"等々、愛着の沸くアルバムにも関わっている。