1. 中古レコード
  2. 女性ボーカル
  3. 女性ボーカルQRST
  4. THE COOL VOICE OF RITA REYS

THE COOL VOICE OF RITA REYS

album information and (disc / cover) conditions
タイトル THE COOL VOICE OF RITA REYS
盤質・ジャケット質 NEW
コメント  
 
mono / stereo mono
レーベル PHLIPS Japanese Pressing  
管理コード 35614  
モニターにより実際の色と違う場合があります。

THE COOL VOICE OF RITA REYS

売価:5,800

在庫数:
1
商品コード:
35614


【アルバム説明】
ヨーロッパのジャズ・ボーカルの突破口を開いたのはオランダ出身のリタ・ライスだった。55年単身ニューヨークに赴き翌56年ジャズメッセンジャーズとのセッションはB面に収められている。1 CRIED FOR YOU,YPU'D BE SO NICE TO COME HOME TO,MY ONE AND ONLY LOVE,THAT OLD BLACK MAGIC,SPRING WILL BE A LITTLE LATE THIS YEAR,TAKING A CHANCE ON LOVE. A面はリタ・ライスを育てたドラマーのウエス・イルケンのコンボをバックにIT'S ALRIGHT WITH ME,GONE WITH THE WIND,MY FUNNY VALENTINE,BUT NOT FOR ME, I SHOULD CARE,THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU.当時のエラ~サラ~カーメンと比して遜色ない歌唱を聞かせている。ヨーロッパのジャズ・ボーカルはリタ・ライス~アン・バートン~フリーチャー・カウフェルトとオランダ勢が熱い。