1. 中古レコード
  2. 楽器別
  3. ヴァイブ
  4. LEIS OF JAZZ THE SOUNDS OF ARTHER LYMAN

LEIS OF JAZZ THE SOUNDS OF ARTHER LYMAN

album information and (disc / cover) conditions
タイトル LEIS OF JAZZ THE JAZZ SOUNDS OF ARTHER LYMAN
盤質・ジャケット質 D=☆ C=☆☆☆● 
コメント SIDE-A,B 薄いコスレ多数 両面プチノイズがでる。
  ETHEL AZAMA 参加  
mono / stereo mono
レーベル HIFIRECORD R607 Original Pressing 
管理コード 40553
モニターにより実際の色と違う場合があります。

LEIS OF JAZZ THE SOUNDS OF ARTHER LYMAN

売価:2,500

在庫数:
1
商品コード:
40553


【アルバム説明】
60年代エキゾチック・サウンドで一躍脚光を浴びたヴァイブ&マリンバ奏者アーサー・ライマンはベニー・グットマン・トリオでのライオネル・ハンプトンのプレイに敏感に反応、ヴァイブ奏者を志したのだと言う。エキゾチック・サウンドの先達マーチン・デニーのグループに加入、研鑽を積み独立後”タブー”を皮切りに数々のヒット作を放った。こうしたアーサー・ライマンの唯一のジャズ・アルバムが本作の"LEIS OF JAZZ"である。編成はヴァイブ~ピアノ~ベース~ドラムス~パーカッションのクインテット。ボーカリストのエセル・アザマが"LULLABY OF THE LEAVES"一曲だけだが歌っている。全12曲"THE LADY IS A TRAMP"の他著名なスタンダード中心の内容で、軽快にスイングするアーサー・ライマンのヴァイブが心地良い。