1. 中古レコード
  2. 楽器別
  3. サックスGHI
  4. ”THE THREE HORNS OF HERB STEWARD”

”THE THREE HORNS OF HERB STEWARD”

album information and (disc / cover) conditions
タイトル "THE THREE HORNS OF HERB STEWARD"       
盤質・ジャケット質 D=☆ C=☆●
コメント SIDE-B 全体に薄いコスレ音への影響はない       
         
mono / stereo stereo
レーベル FAMOUS DOOR HL139 Original Pressing       
管理コード 40444 
モニターにより実際の色と違う場合があります。

”THE THREE HORNS OF HERB STEWARD”

売価:4,800

在庫数:
1
商品コード:
40444


【アルバム説明】
ハービー・スチュワードは1926年生まれ。15才でクラリネット&テナー奏者としてミュ十シャン・ユニオンに加盟。そのバンド歴はアーティ・ショウ、チャーリー・バーネット、トミー・ドーシー、ハリー・ジェイムス、クロード・ソーンヒル、エリオット・ローレンスと係り、47年~49年まで、ウディ・ハーマン楽団セカンド・ハードで一世を風靡した「フォー・ブラザーズ」の一翼を担ったハービー・スチュワードは、多くのジャズ・ファンを魅了したが、以降はスタジオ・ミュージシャンとして活動、81年ハリー・キムのプロデュースに依って"FAMOUS DOOR"から久々のリダー作を発表したのが本作であり、多くのジャズ・ファンから支持を得たアルバムであった。ハービーはここではアルト、クラリネット、ソプラノサックスを吹き分けている。編成はリズムセクションにギターを加えたクインテット。ハービーのオリジナル2曲に"TAKE THE "A"TRAIN","SERENATA","TOO CLOSE FOR COMFORT",GONE WITH THE NWIND","BODY AND SOUL","THE SONG IS YOU"の6曲の内容。アルトによる"SERENATA"は秀逸。この後2000年のマシュマロ・レーベルまでリーダー作は無く、55才時のこのアルバムがハービー・スチュワード往時のプレイが聴ける最後のアルバムではないかと思う。