1. 中古レコード
  2. 女性ボーカル
  3. ダイナ・ショア
  4. DINAH SINGS PREVIN PLAYS DINAH SHORE

DINAH SINGS PREVIN PLAYS DINAH SHORE

album information and (disc / cover) conditions
タイトル DINAH SINGS PREVIN PLAYS DINAH SHORE
盤質・ジャケット質 D=○ C=☆☆●
コメント
    
mono / stereo stereo
レーベル CAPITOL Japanese Pressing 
管理コード 11040
モニターにより実際の色と違う場合があります。

DINAH SINGS PREVIN PLAYS DINAH SHORE

売価:1,800

在庫数:
大変申し訳ございませんが、完売いたしました。
商品コード:
11040


【アルバム説明】
ダイナ・ショアはやはりアメリカを代表する歌手の一人だろう。39年にラテン・バンドのザビア・クガート楽団の専属歌手としてスタート、42年同楽団で吹き込んだ”夜のブルース”がミリオン・ヒット、以降多方面で活躍することとなる。本作は、クラッシックとジャズの両分野で活躍したアンドレ・プレビンとの共演アルバム。プレビンはその高い音楽性を背景に本盤をはじめとして、ドリス・デイ、ダイアン・キャロル、ベティ・ベネット、オペラ歌手レオンタイン・プライスとのアルバムが思い出される。 中でもダイナ・ショアの本作がアンドレ・プレビンとの以心伝心の境地で素晴らしく、幅広いダイナのボーカル領域がプレビンとのコラボレイションに依って、ジャージーな深まりを見せて第一級のジャズ・ボーカル・アルバムになっている。 ジャズボーカル盤としても傑出した作品である。