1. 中古レコード
  2. 女性ボーカル
  3. 女性ボーカルEFGH
  4. ETHEL AZAMA LEIS OF JAZZ THE JAZZ SOUND OF ARTHUR LYMAN

ETHEL AZAMA LEIS OF JAZZ THE JAZZ SOUND OF ARTHUR LYMAN

album information and (disc / cover) conditions
タイトル ETHEL AZAMA LEIS OF JAZZ THE JAZZ SOUND OF ARTHUR LYMAN  
盤質・ジャケット質 D=○ C=○●           
コメント      
         
mono / stereo stereo 
レーベル HI FI RECORD Japanese Pressing        
管理コード 33082   

ETHEL AZAMA LEIS OF JAZZ THE JAZZ SOUND OF ARTHUR LYMAN

売価:1,500

在庫数:
1
商品コード:
33082


【アルバム説明】
60年代エキゾチック・サウンドで一躍脚光を浴びたヴァイブ&マリンバ奏者アーサー・ライマンはベニー・グットマン・トリオでのライオネル・ハンプトンのプレイに敏感に反応、ヴァイブ奏者を志したのだと言う。エキゾチック・サウンドの先達マーチン・デニーのグループに加入、研鑽を積み独立後”タブー”を皮切りに数々のヒット作を放った。こうしたアーサー・ライマンの唯一のジャズ・アルバムが本作の"LEIS OF JAZZ"である。編成はヴァイブ~ピアノ~ベース~ドラムス~パーカッションのクインテット。ボーカリストのエセル・アザマが"LULLABY OF THE LEAVES"一曲だけだが歌っている。全12曲"THE LADY IS A TRAMP"の他著名なスタンダード中心の内容で、軽快にスイングするアーサー・ライマンのヴァイブが心地良い。